下記に転載した内容は、

3月末のもの。

まだ、楽観視している感じですよね。

というか、全体的に楽観視だったけど。

 

 

それが悪いと言っているわけじゃなくて、

結局、

今までの行動の結果が、今でしかないんだなと

シミジミ思っていたので、

やっぱり、

未来は今の行動の結果なんだろうなと思ったという。

 

 

 

 

以下、メルマガ転載

**********************************************
歴史が繰り返すのであれば、予測は立てやすい。
**********************************************


私がコロナ騒動後の景気予測で参考にしているのが、
2011年の東日本大震災後の景気回復の動きなんですね。


ウイルスと震災はまったく別物ではありますが、
騒動の時期が重なるのと、
急激な消費悪化の動きが非常によく似ているので、


「今後、日本の消費はどうなっていくのか?」


という予測を立てるうえでは、
一番参考になるデータだったりするんです。



で、東日本大震災後、
日本の景気がどのように回復していったのかといえば、
実はある「特徴」があったりするんです。


当時の日経MJの記事を振り返ると、



・JTBはGWのツアーで売れ残った部屋を最大5割引きで販売。
(4月27日付け)

京王プラザホテルは宴会プランを9000円から7000円に値引き。
(5月18日付け)

・東京ディズニーランドとディズニーシーが、
8月の子ども料金を半額。中学生以上も2割引き。
(5月30日付け)


と、こんな感じで「安さ」を全面的に打ち出した売り方が、
消費の急回復時には非常に目立っていたりするんです。



特にブランディングが確立されているディズニーランドが、
8月の稼ぎ時に半額料金を打ち出したのは衝撃と言えます。



つまり、景気が回復傾向に入り始めた時期は、
低価格の商品やサービスをぶつけていくほうが、
戦略としては得策だということが
過去の販促事例からも読み取ることができるわけです。



もちろん、通常価格で売ったほうが企業にとってベストなのは当然です。
誰も好きで安売りなんてしたくありません。
しかし、人間と同じで、今の日本経済は“風邪”を引いているのと同じ状況なので、
いきなりスタミナのあるものを食べられるほど、元気はないんです。




いいですか?



人間は忘れっぽい生き物なので、過去にどんな苦労をしても、
時間が経てば都合の悪いことはすべて忘れてしまい、
都合のいいことだけを覚えていたりするものなんです。



だから、同じトラブルが起きて、同じように反省しても、
数年経てば、また同じような行動をとってしまうから、



「歴史は繰り返す」



と言われるんです。


今回、コロナ騒動で東日本大震災の時と同じように、
景気が一気に悪化しているわけですから、
おそらく消費者のマインドも同じように変化していく可能性は高いといえます。




こちらも震災の年の日経MJの記事の抜粋ですが、


「消費が回復して、生活を楽しみたいという人が増えているが、
無意味なもの、無駄なもの、無益なものに対する消費意欲はゼロ」
(5月16日付け)

「消費者は『つつましく楽しむ』『生活を工夫する』を意識するようになり、
よりリーズナブルで、機能的で、ちょっとした楽しみが味わえる商品や売場が求められる」
(5月16日付け)

「夏のボーナスは『例年以上に貯蓄を優先する』と回答した人は3割」
(6月15日付け)

「終身雇用希望が74.5%で過去最高」
(6月24日付け)


このような消費の流れがもう一度来ると予想するのであれば、
我々商売人は、その流れにあわせて、自分の販促手法や戦略を軌道修正して
臨機応変に対応していく必要があるんだと思います。



さてさて。



みなさんは「コロナ騒動後」に、どのような戦略を打ち立てていますか?
どれだけ大型の景気刺激策が出てこようが、
東日本大震災後の消費の流れを見ると、
しばらくは財布の紐は厳しい状況が続くと思われます。



しかし、その厳しい中でも、しっかり消費者のトレンドを掴んでいけば、
消費者の「欲しい」という気持ちをこじあけることができて、
商品を買わせることはできるんだと思います。


震災のあった2011年の日経MJの記事を振り返ると、
4月から少しずつ景気は回復しているので、
まずはその時期に向かって、売り手側も少しずつ
経営のアクセルを踏んでいく必要はあるんだと思います。



みんなが下を向いている時にこそ、
上を向いている経営者が勝つという歴史も、



実は繰り返されているんですから。


**********************************************
編集後記
**********************************************

生活必需品と価格競争以外を除いて、
今回のコロナ騒動で、売上減を最小限で抑えている企業、
もしくは売上が変わらないという企業の共通点は、


・地域密着型で商売をしている
・メルマガ、SNS、DMで定期的に情報発信をして顧客と繋がっている
・ランニングコストが低い(個人業・利益率が高い)


だいたいこの3パターンに絞られます。


一方、コロナ騒動の直撃を食らって売上が落ちている企業は、


・中途半端に店舗数が多い
・SNSやDMで顧客と繋がっていない
・スタッフが顧客とコミュニケーションが取れていない
・どこでも買える仕入れ商品を売っている
・企業規模が小さいのに価格競争をしている
・ネット広告だけに頼ってSEOや他の広告を展開していない
・技術力に付加価値がない企業


こんな感じで共通点が出てきます。



この状況を見て改めて思ったのは、
「お金よりも大切なもの」を持っている人が、
景気低迷期には強いと思いました。


ただ単にお客様と繋がっていることが嬉しい人や、
純粋にその商品やサービスが好きな人や、
その土地や町が好きな人など、


そういう人は「お金」という欲が薄いぶん、
損得抜きでお客様から愛されている人だから、
ピンチの時にお客様が助けてくれるし、
財布の事情が厳しくても、お客様が買い物をしに来てくれる
ブランディングが完成しているんだと思います。


地震もコロナも外的要素ではありますが、
実は、その影響を受けるか受けないかというのは、
今まで自分が積み重ねてきた
経営姿勢で決まるんだと思います。


■有限会社いろは
http://www.e-iroha.com

 

 

 

JUGEMテーマ:仕事のこと


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

かわいい刺しゅう人気記事

■刺繍初心者さんにオススメ

 かわいい刺繍で刺繍ステッチを覚えよう

刺しゅうを始めてみようと思った時、初心者さんは、どこからはじめたら良いのか悩みますよね?

続きを読む
■かわいい刺しゅう
 創刊号から最新号までの記録

デアゴスティーニのかわいい刺しゅうは全80号が予定されています。

続きを読む

■かわいい刺しゅう

 春のタペストリー

 >>こちら<<

■かわいい刺しゅう

 夏のタペストリー

 >>こちら<<

アシェット人気記事

ディズニードールハウス

【制作と感想】ディズニー・ドールハウス創刊号の制作。

総額や回数、メリット・デメリットをまとめました

続きを読む

アシェット・はじめてのレース編みを楽しもう!

続きを読む


その他の「アシェット」商品製作と感想は>>こちら<<

手芸人気記事

フリクションボールを刺しゅうの下書きに利用してみた

フリクションボールペンを使って布に下書き。消したインクは復活するの?

続きを読む

リボン刺しゅうの玉結びが布を突き破って穴が空いた

【リボン刺しゅうの刺し方】穴があく?針が抜けない?100均のリボンは使える?

続きを読む

刺しゅうの道具や本、キットの感想

刺しゅう初心者・お裁縫初心者の私が買った道具や本、キットの感想

続きを読む


その他手芸関連記事は>>こちら<<

フェリシモ感想人気記事

フェリシモ・ミニツク・ゆる絵レッスン

フェリシモ・ミニツクでゆる活「カラー筆ペンで描く・ゆる絵レッスン」始めました

続きを読む

今から始める乙女の手習い「お裁縫おさらい帖」の 会

今から始める乙女の手習いお裁縫おさらい帖の会・全コース終了(まとめと感想)

続きを読む


その他のフェリシモ・クチュリエ制作と感想人気記事は>>こちら<<

ライフスタイル人気記事

サバ缶で血圧はさがるの?

「サバ缶」で血圧は下がるの?

続きを読む

楽天ペイとは

簡単、楽々、楽天ポイント生活を始めよう 【楽天ペイ】

続きを読む

50代だから輝ける私らしい生活を…生きがいを見つける方法

続きを読む

セブンイレブン年賀状・宛名印刷

セブンイレブンの宛名印刷を利用して2020年年賀状を作成した

続きを読む


その他のライフスタイル人気記事は>>こちら<<

Archive

Recommend

上手に刺せる、コツがわかる 刺繍教室
上手に刺せる、コツがわかる 刺繍教室 (JUGEMレビュー »)
西須 久子
刺繍って、刺しながら、自分でコツを見つけていくものなのかもしれませんが、どうしても見つからないところがある。そんな時に手助けしてくれる本だと思います。図柄がおしゃれなのも気に入ってます

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM