初稿:2020/4/22



各業界がコロナに影響を受けているように

私も影響を受けている。

そして、

日々、いろんなことを考えているけれど

振り返ると、昔から苦労していたことが全然改善されていなくて

それでも、前に進んでいこうと思えるから

それなりに、成長しているのかもしれないと思っている

そして、先週、気持ちが凹んでいた理由の一つが

「私は世の中に必要とされているのか」だったりします。

もう、仕事をするようになってから、ずーっと私の中でくすぶっているテーマでもあるんですね。

ブログもSNSも、私を必要としてくれているのかな?

そんなことを考えたら、ちょっと、立ち止まっちゃったというかなんというか。






光り

以下、メルマガ転載

2020/04/14 7:30

**********************************************
短期、中期、長期
**********************************************

まず、新型コロナウイルスの巣ごもり消費対策は、
「短期」「中期」「長期」の3段階に分けて、
戦略を考えていったほうがいいと思います。

「短期」とは、具体的に言うと、
・消費者の感染の警戒心が強い。
・消費者がお金を使いたがらない。
・世の中に自粛ムードが漂っている。
このような消費段階のことを「短期」と言います。


今現在の緊急事態宣言が若干ゆるやかになった感じの、
自粛要請が出ていた頃の雰囲気が、ここでいう「短期」にあたります。


しかし、この「短期」の状況は長くは続きません。

理由としては、
・感染者数の「伸び率」はゆるやかに減少していく。
・国民の緊張感が長く保てない。
・いずれは経済を回さなくてはいけない。
このような動きになるので、
厳しい期間は、おそらく「短期」で終わるのではないかと思います。


では、気になる「短期」とはどのくらいの期間なのか?


これも予想でしかありませんが、
早くて緊急事態宣言が終わってから1ヶ月後ぐらいまで。
遅くてウイルスの活動が弱くなると言われている、
夏を迎える6月末ぐらいまでではないかと考えています。


このまま日本国民が頑張ってソーシャルディスタンスを行い、
ロックダウンに近い生活状況を保ち続けることができれば、
2ヶ月ほどで厳しい状況は収まってくると思います。


そうなると、私たちは「短期」の戦略として、
この2ヶ月間、どうやって凌げばいいのかということを、
しっかり考える必要があります。


短期決戦で売上を作っていくためには、
下記の3つの条件が必要となります。


・感染しない、させない売り方を実践する。
・今ある戦力で戦う。
・常連客に買ってもらう。

この中でも一番重要な
「感染しない、させない売り方」を考えてみましょう。


考えられるのは、
・ネット通販
・ダイレクトメール
・FAX
・新聞折込チラシ
・ポスティング
・出張販売
・宅配
・営業時間短縮
・早朝販売
・深夜販売
・完全予約制
・貸し切り
感染を回避する「売り方」は、
実は考えてみるといろいろあったりします。


ネット通販は感染リスクがありませんし、
ダイレクトメールやFAX、ポスティングであれば、
エリアを絞れば、家の玄関まで直接配達するやり方でも、
対応は十分可能だと思います。


また、宅配ビジネスや出張以外にも、
予約制にしてお客様の人数に制限をかけたり、
貸し切りにして、1組しか受け付けないような営業スタイルにしたりして、
売る側に制限を設けて、お客様側も納得してくれる形をとれば、
感染リスクの低い売り方というのは、
現実的に不可能ではないと思います。


「接客で感染のリスクがあるのでは?」


そう思われる方もいると思いますが、
3密をしっかり配慮した売り方を徹底していけば、
完全非対面まではいかなくても、
“準非対面”のレベルぐらいまでは、
持っていくことは可能だと思います。


例えば、
・お客様同士、スタッフとの距離を屋外1m、室内1.5m以上空ける。
・会話は控えてもらうようにする。
・窓や扉を空けて換気をよくする。屋外でテントを張って営業する。
・接客はホワイトボードを使った筆談にする。
これに加えて、マスク着用、消毒ポンプの設置、住所の記載等の
通常の予防対策を取って、
感染させない売り方を実践してみるといいと思います。


集客するお客様は、
常連客や、馴染みのある地域のお客様に絞り込みましょう。

信頼関係のできているお客様でなければ、
非対面で買ってもらうことは難しいので、
常連客や、来店経験のあるお客様、
もしくは問い合わせのあったお客様に限定して、
集客戦略を展開していくようにしましょう。



情報発信としては、
定期的にSNSを更新することはもちろん、
感染予防をしている店の動画や、スタッフの笑顔の写真など
まめに情報をアップすることを心がけてください。


ユーモアのある面白いコンテンツをアップさせることで、
お客様を飽きさせないようにする工夫も必要です。

最終的には「いつか店に行こう」とお客様に思ってもらえるような、
見続けてもらうコンテンツをアップしていくことが重要なので、
その点を考慮して、
コンテンツ作りには力を入れたほうがいいと思います。



販促企画の内容としては、
「応援企画」が一番作り込みやすいと思います。
「私たち頑張ってます!」という思いをスタッフの写真や動画付で伝えて、
お客様の心を動かす内容を意識して企画を作り込んでください。



価格に関しては、
セール販売を覚悟で展開して欲しいところです。

短期でお客様に商品を買ってもらうためには、
やはりお得感がなければ動きません。


このフェーズの戦略では、お店や会社が


「やれば売れる!」


という成功体験を積むことのほうが大切なので、
ひとまず、最低限の利益が出るところで調整して、
「売る」に専念した販促にチャレンジしてもらいたいと思います。




おそらく商売の業種や規模によっては、
ここで紹介した売り方を読んでも、


「こんな効率の悪い売り方じゃあ、たいした売上作れないよ!」


と思うかもしれません。
しかし、どんな商売でも最初は「たいした売上」ではありません。
逆風の中でゼロから始める商売なので、
いきなり通常の売上が作れることのほうが
むしろ「異常」な事態なんです。


この些細な売り方をきっかけに、
従業員のモチベーションが上がって、
新しい売り方のヒントが生まれる可能性だってあります。

なにより、みんなが必死に考えて、
それを実行に移すことが、次の売上に繋がっていくきっかけになります。


「短期」の間は、小さい売上をバカにせず、
チャレンジする気持ちのほうを大切にしていきましょう。



次のステップとして「中期」に入ってきます。


中期とは、自粛要請が終盤にかかり、
感染者の数が目に見えて減ってきて、
世の中が「外出してもいいかな」と思い始める時期のことを言います。


私は、この「中期」は1年〜1年半ぐらい続くと予想しています。


新型コロナウイルスが急になくなるはずがありませんから、
拡散と縮小をくりかえしながら、
1年半ぐらいは新型コロナウイルスにビビりながら
消費者が過ごす時期が続くと思います。


しかし、そこまで悲観的な状況にはならないというのが、
私の予想だったりします。



都市封鎖ができない日本は、ゆるやかに感染者を増やしていき、
最終的には「感染しても仕方ない」みたいな雰囲気が
世の中に出てくるのではないかと思っています。

ポイントになるのは、


「感染しても仕方ない」と「自粛に我慢できない」


という二つの消費者心理のせめぎ合いだと思います。


次第に世の中に感染者が増えていき、
知人で軽症で済んだ人の話などが耳に入るようになってくるようになると、
少しずつ「感染しても仕方ない」という気持ちが大きくなっていきます。
そして、政府のほうも


「ちゃんと感染予防するんだったら、商売してもいいよ」


みたいなお達しを出してくると思います。
その段階で消費者の「自粛に我慢できない」の気持ちのほうが勝って、
開き直りのようなフェーズに突入していくんだと思います。


これは希望的な観測でしかありませんが、
仮に「アビガンが新型コロナウイルスに効く」という話になれば、
多くの人が「感染したらアビガンを飲めばいいや」と思うはずです。
でも、「感染はしたくないよね」という気持ちは変わらないので、
ワクチンができるまでは、
ずっとこのようなグレーゾーンの消費活動が続くのではないかと思います。


そうなると、このグレーゾーンの「中期」で戦える企業というのは、
「短期」の戦略で「感染しない、させない」の売り方が
実践できているお店や企業に絞られてくると思います。


いきなり経験ナシで「中期」の戦略を始めても、
難しい販促手法なので、さじ加減が分からないまま、
失敗を繰り返してしまうはずです。
また、「やれば売れる」という経験もないので、
精神的に耐えられず、すぐに辞めてしまうと思います。


しかし、短期のフェーズで「やれば売れる」という経験を積んだ企業は、
高い確率で「中期」でも戦っていけるはずだし、
このような状態が1年以上も続くことを考えれば、
「中期」の戦略こそが企業にとって勝負所になってくるんだと思います。



次に「中期」で売るものですが、
「お客様の悩みを解決するもの」に
商材やサービスを変化させる必要があります。


いつまでも「応援企画」は通用しませんし、
常連客に商品を買い続けてもらうのにも限界があります。


例えば、地方でスイーツの販売をしているお土産屋であれば、
「スイーツを買ってください」のアプローチだけでは、
買ってくれる人は少ないと思います。


しかし、外出できずに自宅で時間を持て余している
子供や主婦もたくさんいますので、
そのような人達の「悩み事」を解決させるために、


・自宅で子供と一緒に作れるスイーツの手作りキット
・冷凍保存ができてチンして食べられるスイーツのセット
・スイーツを月替わりで宅配する定額制サービス。


などのような
悩み事やストレスを解放させてあげるサービスに変化させれば、
お客様のほうも手を出しやすくなるのではないかと思います。


今、家の中に居る人がストレスを発散できることは、
・寝る
・食べる
・風呂に入る
しかありません。
その中で「食べる」にフォーカスすれば、
「甘いものを食べてストレスを発散させたい」という消費者の悩みとリンクして
巣ごもりの消費として、
うまく「悩み事解決」に結びつけることができるかもしれません。



そして、最後は「長期」です。


長期とは、新型コロナウイルスが終息して、
みなさんが自由に動き回れるようになった時の世界です。
ワクチンが先か、集団免疫が先か分かりませんが、
おそらく1年〜2年以内ぐらいには、
待ち焦がれた明るい未来がやってくるんだと思います。



これに関しては、おそらくなんですが、
突然に新型コロナウイルスが消滅して、
いきなり
「来月から外出OK!」
みたいな状態にはならないと思います。


なんとなく「中期」が長期化していって、
感染に対しての警戒心がなくなっていき、
次第に消費がゆるやかに解禁されていくのではないでしょうか。


しかし、はたからみると「段階的」なように見えますが、
おそらくこの“段階”が物凄く急で、
いきなり客がどっと押し寄せてきて、
品物がなくなったり、売り切れが続出して、
パニックのような消費になっていくのではないかと予想しています


そうなると、機会損失が起きて思うように稼げなくなったり、
対応が悪くてお客様の評判を落としてしまったりして、
せっかく消費が盛上っているのに、
自分達の店だけが、その波に乗れないという事態にもなりかねません。



だからこそ、会社は「長期」になった場合のことも想定して、
従業員を解雇してはいけないし、
従業員に対して「働く」というモチベーションを
維持させ続けなくてはいけないんだと思います。


このように「長期」で商売を続けていくためには、
「中期」の戦略が必要不可欠であり、
それを実践するためには、その前段階の
「短期」の戦略が必要なので、やはり経営者は、
「短期」「中期」「長期」の3段階に分けて、
戦略を考えていかなくてはいけないだと思います。





いいですか?





新型コロナウイルス対策として必要なのは、
・感染を回避する売り方のプロになる。
・商品やサービスを巣ごもり消費と相性のいいものに切り替える。
・今ある戦力で、お金をかけずに戦っていく。
この3つだと思うんですね。


これは難易度の高い売り方であって、
クリアできないゲームを永遠にやらされるような、
修業みたいな課題だったりするわけです。


でも、暗い気持ちになってしまうのは、
すべての課題を「いきなりやろう」とするからなんだと思います。



「短期」で感染を回避する売り方を身につけて、
「中期」で商品やサービスを変化させて、
この2つを地道に繰り返して、
「長期」に挑んでいくというのが、




今、経営者がやらなくてはいけないことなんだと思います。




もちろん、今までの話を聞いて、
「うちの会社ではこんなの無理だ」と思えば、
何もせずに、じっとしているほうが得策だと思います。
商材やサービスの内容によっては、
その選択が正しいというケースも大いにあります。


しかし、長期戦になるのであれば、
国の支援も早々に限界がきてしまうので、
どこかで商売人は、短期、中期、長期の戦略を立てて、
この状況が1〜2年ぐらい続くことを覚悟して、
アグレッシブに動かなくてはいけません。



プライドを捨てて、
今までの成功体験も常識も捨てて、
チャレンジを恐れず、
変化を怖がらず、
自分が成功することだけを信じて、
全てをゼロから始めるつもりで、
粛々と仕事を続けられる経営者が、



このゲームの勝者になれるんだと思います。



そして、仮に勝者になれなかったとしても、
生き抜いていくことだけは諦めずに続けてください。


廃業しても、アルバイトや日雇いの仕事を続けながら生活していくことは、
今の日本でそんなに難しいことではありません。


1〜2年乗り切ることができれば、
やがて感染が終息して、新しい世の中が始まります。


そしたら、その世界で再び頑張ればいいだけの話なので、
実は怖がることなんて何もなかったりするんです。


金儲けなんていうくだらないゲームは、
何度でもリセットボタンが押せるんですから、
長い人生においては、たいしたことではないということは、
心の隅っこにでも刻んでおいたほうがいいと思います。


**********************************************
■有限会社いろは
http://www.e-iroha.com

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コロナに関することは、人それぞれ、考え方が違うので、対策方法も人それぞれ。

・症状が出ていない人からも感染するとか

・2mでは感染するとか

・ロックダウンしない方が良いとか

アーダコーダ、云々かんぬん、喧々囂々・・・・

オカルト界隈ではいろんな情報が流れているわけで。

 

ただ、

コロナそのものに立ち向かわずに

商売をする側にたった場合

今のことに対応するにはどうしようと思ったら

竹内謙礼さんの言っていることは、正論だなといつも思う。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


アクセスありがとうございます。

ブログ更新の励みになってます。

これからも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

はなみのすみか「 はなのす」は、私(花み)が運営するメインサイトです。

ランキングの集計は、Googleアナリティスクで行っています。

 

▼▼ PICKUP ▼▼
熱で消えるフリクションボールペンを使って、刺しゅうの下書きをしたけど、大丈夫なのかな?
血圧の高い日が続くと「サバ缶」料理が定番です
これから刺しゅうを始めようと思っている人向けのキットは「かわいい刺しゅう」
何かを始めると分からないことが続出。上手にできなくて凹む。結果、道具や書籍に頼るわけですね。

 

「1/3は刺しゅうのこと」は、主に手芸の進捗状況を報告しているブログです。

ランキングの集計は、アメブロアクセス解析で行っています。

1/3は刺しゅうの事アメブロランキング一覧は>>こちら<<

※スマホの方のみ表示されます

 

アメブロ「1/3はししゅうの事」3月のランキング一覧は>>こちら<<

 

 

▼▼ PICKUP ▼▼

かわいい刺しゅう42号始めました(今日は散歩にゴーの日)

かわいい刺しゅう42号を買ってきたよ

ビーズ刺しゅうを始めました

昨日も、午後から、せっせ、せっせと刺繍をしていました。

刺しゅうのブローチ完成しました

金曜日から、せっせ、せっせと刺しゅうしてました

 

 

 

 

 

 

アクセスの集計はJUGEMスマホランキングで行ってます

 

■アシェット・はじめてのレース編みの口コミを集めました

 

アシェットのはじめてのレース編みが発売になりましたね。早速、インスタとTwitterの口コミを調べてみました。⇒続きを読む

 

 

■フェリシモ・クチュリエ「バッグとポーチはおてのものレッスン」の感想

フェリシモ定期便の発送案内が届いてた。うわーーークロスステッチ終わっていないし、来週は「かわいい刺しゅう」だし。

時間的に大丈夫かな??? ⇒続きを読む

 

 

■カラーポリ袋で衣装を作ってみた

カラーポリ袋で衣装を作ってみた

とりあえず、今回は、入門編ということで、あまり、難しいと挫折しそうなので、簡単に、スカート丈に切ったカラーポリ袋と平ゴムだけで作るスカートです。 ⇒ 続きを読む

 

 

■アシェット・はじめてのレース編み(1号〜4号)・地域限定先行販売の体験談

地域限定先行販売で、楽しまれていた「はるさん」から体験投稿の掲載許可をいただきました ⇒続きを読む

 

 

クロスステッチが苦手だって思っていたけれど、クロスステッチが苦手じゃなかった

「付録で作れるクロスステッチの小物たち」を始めました ⇒続きを読む

 

 

■ビニールテープ(絶縁テープ)の使い道

ビニールテープとか絶縁テープとか言われて、電気を通さない素材を使用したテープ。電気関係のお仕事をしている人にはおなじみのものかもしれないですよね? ⇒続きを読む

 

 

 

料理苦手な私の簡単レシピ

レシピページもリライトしないとな・・・ ⇒続きを読む

 

 

■ぬか床育成日記・もやしまみれ蒸し鍋・鶏チリ・簡単レシピ・ブログ更新情報

今まで、野菜をつけていると、1ヶ月くらいで、ぬか床が水っぽくなったのですが、今回は、固めのぬか床のまま。 塩分の関係なのか 温度の関係なのか はたまた、発酵具合なのか不明…… ⇒続きを読む

 

 

検索上位は決まったページだけれど、他のページも見てもらえているんだなと

ありがたいね ⇒続きを読む

 

 

荷造りの紐だけじゃないよ。スズランテープの使い道

スズランテープ

運動会とかの時、フワフワのポンポンを見たことありませんか? ⇒続きを読む

 

 

 

*****

 

■アシェット・ディズニードールハウスが売り切れ間近らしいです

アシェットから「売れ切れ間近」っていうメール来た。ページを見に来てくれる人数を見ても人気あるんだなって思う。気になる人はお早めに!ですね。 ⇒続きを読む

 

 

■好きな「アニメ」なんかある?

「夏目友人帳」暇つぶしにアニメチャンネルを見ていたときに出会ったアニメ。⇒続きを読む

 

■好きな「寿司の種類はなに?

私は「あじ」「あじ」「あじ」時々違うもの「あじ」「あじ」「あじ」みたいな(笑) ⇒続きを読む

 

 

■あなたにとっての「至福のひととき」なに?

今も、かわらない至福のひととき ⇒続きを読む



 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

かわいい刺しゅう人気記事

かわいい刺しゅう「秋」のタペストリー情報

デアゴスティーニかわいい刺しゅう38号の制作と感想・秋のタペストリー情報・今後の制作情報

続きを読む

かわいい刺しゅう「春のタペストリー」全情報

デアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」の春のタペストリー制作と感想とパネル仕立て

続きを読む


その他の「かわいい刺しゅう」制作と感想は>>こちら<<

アシェット人気記事

ディズニードールハウス

【制作と感想】ディズニー・ドールハウス創刊号の制作。

総額や回数、メリット・デメリットをまとめました

続きを読む

アシェット・はじめてのレース編みを楽しもう!

続きを読む


その他の「アシェット」商品製作と感想は>>こちら<<

手芸人気記事

フリクションボールを刺しゅうの下書きに利用してみた

フリクションボールペンを使って布に下書き。消したインクは復活するの?

続きを読む

リボン刺しゅうの玉結びが布を突き破って穴が空いた

【リボン刺しゅうの刺し方】穴があく?針が抜けない?100均のリボンは使える?

続きを読む

刺しゅうの道具や本、キットの感想

刺しゅう初心者・お裁縫初心者の私が買った道具や本、キットの感想

続きを読む


その他手芸関連記事は>>こちら<<

フェリシモ感想人気記事

フェリシモ・ミニツク・ゆる絵レッスン

フェリシモ・ミニツクでゆる活「カラー筆ペンで描く・ゆる絵レッスン」始めました

続きを読む

今から始める乙女の手習い「お裁縫おさらい帖」の 会

今から始める乙女の手習いお裁縫おさらい帖の会・全コース終了(まとめと感想)

続きを読む


その他のフェリシモ・クチュリエ制作と感想人気記事は>>こちら<<

ライフスタイル人気記事

サバ缶で血圧はさがるの?

「サバ缶」で血圧は下がるの?

続きを読む

楽天ペイとは

簡単、楽々、楽天ポイント生活を始めよう 【楽天ペイ】

続きを読む

50代だから輝ける私らしい生活を…生きがいを見つける方法

続きを読む

セブンイレブン年賀状・宛名印刷

セブンイレブンの宛名印刷を利用して2020年年賀状を作成した

続きを読む


その他のライフスタイル人気記事は>>こちら<<

Archive

Recommend

上手に刺せる、コツがわかる 刺繍教室
上手に刺せる、コツがわかる 刺繍教室 (JUGEMレビュー »)
西須 久子
刺繍って、刺しながら、自分でコツを見つけていくものなのかもしれませんが、どうしても見つからないところがある。そんな時に手助けしてくれる本だと思います。図柄がおしゃれなのも気に入ってます

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM