EC市場が伸びているのに、なぜ、自店の売上は伸びていないのか?

  • 2019.09.11 Wednesday
  • 12:56

 

ECだけでなく、実店舗でも、大手に飲まれていってるな

っていう感じがしている今日この頃。

 

ハンドメイド界も、飽和しているような気もするし。

参入は簡単だものね

(売れるものを作るのは大変だし、続けていくことも大変だけれど)

 

飽和したとき、

どこを目指して、ハンドメイド商品を売っていけばいいのかな?

それを、今から考えている人が、生き残れるんだろうな。

 

 

 

ハンドメイドじゃないけど

マジで、

お金を生むことをしていこうよ>私

 

 

サボテン

 

 

 

 

****************************************************************************
少数の「知っている人」と、その他大勢の「知らない人」
****************************************************************************


ご存じの通り、ECの市場は右肩上がりで成長しています。


【参考】
https://www.ebisumart.com/blog/ec-rate/


2015年〜2018年までの数字を引っこ抜くと、

2015/13.7兆
2016/15.1兆
2017/16.5兆
2018/17.9兆

こんな感じでEC業界は絶好調で伸びています。


でも、市場が伸びている割には、
「うちのネットショップはそんなに売上伸びていないよ」
と感じている人のほうが多いのではないでしょうか?


もちろん、「伸びていません」というデータはどこにも出ていないので、
なんとも言えないところではあるんですが、

 

 

もし、仮に2017年〜2018年にかけて1.4兆円も増えているのならば、
もう少し景気のいいネットショップの話が、
SNSや人づてで耳に入ると思うんですね。


だけど、実際に聞こえてくるのは、
価格競争と広告のレスポンスの悪化と、
競合店舗の増加と、送料値上げと人件費の向上に頭を抱える
ネットショップの愚痴ばかり。



なぜ、EC市場はこんなに伸びているのに
景気のいい話があんまり耳に入ってこないのでしょうか?



ここでひとつ大胆な仮説を立ててみました。


ネットの世界というのは「知っている人」と「知らない人」の差が
ものすごい激しい業界なんですね。


ページの作り方や広告の買い方、
SEOやリスティング広告、リピート客の作り方、
システムや動画、オウンドメディアの作り方等、
「知っている人」が、圧倒的に有利な市場なんです。


だから、「知っている人」であれば、
さらに上手にネットショップを運営することができるので、
今まで以上に売上を伸ばすことができるんですね。




対して「知らない人」の場合、
なにひとつ販促ができなくなってしまいます。
 

 

どうやったらうまく売上が伸ばせるか知らないし、

  • SEOで上位表示させる方法も知らないし、
  • リスティング広告の運用の仕方も知らないし、
  • 知らないから、広告を使うこともできないし、
  • 知らないから、時間をかけてコンテンツを作ることもできないし、

「知らない」というだけで、何もできなくなってしまうのが、
ネットショップ運営というビジネスなのです。



では、この「知っている人」と「知らない人」が二極化していくと
EC市場はどうなるのか?



「知っている人」はネットショップにどんどんお金を投資して、
さらに売上を伸ばしていくことができます。
 

 

「知っている人」は豊富な資金を生かして、
さらに優秀な「知っている人」を採用して、
人脈を駆使して「知っている人」にページやシステムを作ってもらうので、
EC市場の伸び以上のスピードで成長していきます。



反対に「知らない人」は
ネットショップをオープンするだけで終わってしまいます。
 

 

だけど、オープンするだけでもお客さんはネットショップにたどり着くことができるので、
少しは売れてくれると思うんですね。


月々10万円とか、50万円とか、100万円とか。


こういう「知らない人」が運営する、ちょっと売上があるネットショップが、
ものすごい数で毎年オープンし続けているために、
こちらのロングテール部分でも、ECの市場を拡大させているんです。


つまり。


「知っている人」が運営しているネットショップが、
他社を寄せ付けない勢いで売上を劇的に伸ばしている一方、
「知らない人」が運営しているネットショップが、
何百、何千、何万と毎年オープンすることで、
そちらでもチリが積もって市場を拡大させているから、



「EC市場が毎年、右肩上がりで伸びている」


という数字になって表れているんだと思います。




いいですか?



ここで重視しなくてはいけないのは、
中堅どころのネットショップの状況です。


売上は月商500万円〜2000万円ぐらいのお店でしょうか。


このあたりの売上規模の店舗は、
今まで市場の成長と比例して売上を伸ばすことができたんですが、
トップを突っ走るネットショップが、さらに力をつけたことで、
これらの中堅どころのネットショップから、どんどん売上を吸い上げているんです。


加えて、「知らない人」の運営する売上下層のネットショップが、
束になってちょっとちょっと中堅どころのお客を削り取っているために、
全体的にネットショップの売上が「頭打ちしている」「下がっている」という、
なんとなく嫌な感じの売上推移になってしまっているんだと思います。


しかも、「知っている人」が運営する売上急上昇中のネットショップは、
売上が落ちていないから愚痴らないので、情報が表に出てこないし
真逆の「知らない人」は売上が落ちているのか伸びているのか分からないような、
微妙な売上だから愚痴にもせず、
結局、今まで売上のあった中堅、及び老舗のネットショップだけが
割を食った形になってしまい、



「最近、ネットショップの売上が伸びていないんだよね」



という愚痴のような発言が
頻繁にSNSや噂で耳に入るようになってしまっているんだと思います。



もちろん、これらの話は僕の憶測でしかありません。
数字には出てこない話なので、間違っている可能性もあります。


でも、ごくごく一部のネットを「知っている人」が運営する、
特殊なネットショップだけが売上を急激に伸ばして、
その他大勢のネットショップが、ほとんど売上なんか作れておらず
中堅どころのネットショップも苦戦している状況が本当であれば、
Eコマース市場はすでに斜陽産業であり、
リスクの高いビジネスであることが、理解できると思います。



さてさて。



あなたの会社はEC市場の伸びの勢いの乗っている会社ですか?
それとも、完全に乗り遅れた会社ですか?


おそらく、今後はネットを「知らない人」が、
ネットの「知っている人」に追いつくことは不可能なくらい、
格差は拡大していきますので、
そろそろ、ネットの「知っている人」と勝負をしない、
新しいビジネスモデルを構築していかなければいけないんだと思いますよ。

 

 

 

世の中、なんでもそうなんですが、
「中間層」というのが一番不幸になりやすいんですね。


中途半端に才能があると諦めきれないし、
かといってトップの人たちには勝つことができず、
下層の人達がどんどん突っついてくるので、
結局、板挟みになって疲弊していって、
最後は下層に巻き込まれて撃沈していくのが
お決まりのパターンだったりします。


だから、今、中間層にいる人達は、


・何が何でもトップに勝つ戦略を考える

・自分がトップになれるマーケットに移動する


このどちらかの選択をして、
上層に食い込むためのアクションを取らなくてはいけません。


だけど、残念ながら中間層の人達は、
「中間層でいいや」という甘い考えを持っているので、
自分にプレッシャーを与えるような厳しい行動を取らないんです。



「中間層」とは、トップ層の一歩下ではなく、
下層がすぐ手に届く位置にある「中間層」だという厳しい現実を、
理解する必要があるんだと思いますよ。




■出典

有限会社いろは
(URL) http://www.e-iroha.com

 

 

 

 

■9月の更新情報

 

 

 

 

■人気記事

 

 

 

フリクションボールペン・消したインクは復活するの?

かわいい刺しゅう11号で

通帳ケースを作るときに紹介されたフリクションボールペン

その後、フリクションボールペンは布で使っても平気なのか?

フリクションボールペン・消したインクは復活するの?

 

 

手づくり手帖Vol.21初夏号 花刺しゅうのブローチを作りました

手づくり手帖

手づくり手帖初夏号の付録が「刺しゅう」ということで、早速購入。
「かわいい刺しゅう」と「フェリシモ・クチュリエ」の製作が終わったので、早速作りました。
手づくり手帖Vol.21初夏号 花刺しゅうのブローチを作りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位:ハンドメイド作家になろう(売れない悩み・高いって言われる悩み)

自分で作ったものを

売ってみたいと思うのは、

自然な流れだと思うんですよね

 ⇒ つづきはこちら

 

 

2位:かくりよの宿飯10巻 あやかしお宿に帰りましょう を読みました

綺麗に、落ち着くところに落ち着くのだろうと思いながら

一気に読みました。

夜中、電気を消されて、翌朝まで持ち越しましたが・・・

 ⇒ つづきはこちら

 

 

 

 

 

 

 


ーーーーーーーーー
当ページの写真(以下素材)は、個人、法人、商用、非商用問わず無料でご利用頂けます。クレジットの表記、連絡など必要ありませんが、リンクしていただけるとうれしいです。
なお、アフィリエイトプログラムを利用した商品写真はご利用いただけませんので、ご利用の際はご注意ください。

 

当ページの素材は以下の場合に限って、ご利用をお断りします。
・公序良俗に反する目的での利用
・素材のイメージを著しく損なうような利用
・素材をそのまま再配布・販売(LINEクリエイターズスタンプ等も含みます)
・その他著作者が不適切と判断した場合

 

著作権
当ページの素材は無料でお使い頂けますが、著作権は放棄しておりません。全ての素材の著作権は私(花み)が所有します。
素材は規約の範囲内であれば自由に編集や加工をすることができます。ただし加工の有無、または加工の多少で著作権の譲渡や移動はありません。

 

その他
直リンク禁止です。
人物が写っている素材は、お使いいただけません。同意がとれていないものがあります。
当ページ以外で掲載されている素材については、お使い頂けません。
素材を利用することによって発生したトラブルについては一切責任を負いかねます。
全ての規約は、予告無く改変する場合がありますので、ご了承下さい。

 

リンク
リンクの際には はなみのすみか にお願いします。
バナーリンクでもテキストリンクでもどっちでも平気です。

 

バナー

 

URL:

https://hananosu.net/

 

テキストリンクタグ:

<a href="https://hananosu.net/">はなみのすみか/</a>

 

 

 

ーーーーーーーーー

■Amazon

ーーーーーーーーー

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Amazon



ステッチイデー

ステッチイデーは、刺しゅうを中心とした糸と布で暮らしを楽しく彩るハンドメイド誌、実物大型紙付き。
身近なモチーフや花、動物をカジュアルにフリーステッチした布小物や、人気のクロスステッチで作るインテリアグッズなど魅力的な作品がいっぱい。

手づくり手帳

『手づくり手帖』は、刺しゅう、編み物、パッチワークキルト、ソーイングをはじめとする、さまざまな手芸作品、知識が深まる読み物などを、美しい写真とともにお届けする年4回(2月・5月・8月・11月の各月17日)発行の定期刊行誌です。オリジナル材料セットの付録つき。届いてすぐに作品づくりが楽しめます。

かわいい刺しゅう

「かわいい刺しゅう」は夢あふれる童話の刺しゅう絵と、雑貨小物を刺しながらさまざまなステッチに出会えるシリーズです。
毎号、必要な材料が付いた、刺しゅうのハンドメイドシリーズです。童話モチーフのタペストリーと、雑貨小物を刺し進めながら、温かな時間を楽しんでください。

ポケモン



selected entries

categories

archives

recommend

上手に刺せる、コツがわかる 刺繍教室
上手に刺せる、コツがわかる 刺繍教室 (JUGEMレビュー »)
西須 久子
刺繍って、刺しながら、自分でコツを見つけていくものなのかもしれませんが、どうしても見つからないところがある。そんな時に手助けしてくれる本だと思います。図柄がおしゃれなのも気に入ってます

recommend

かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。 (富士見L文庫)
かくりよの宿飯 十 あやかしお宿に帰りましょう。 (富士見L文庫) (JUGEMレビュー »)
友麻碧
綺麗にまとまって終わったなという感じでした。回収されていないことは外伝で語られるのかも知れないですね

recommend

てんげんつう
てんげんつう (JUGEMレビュー »)
畠中 恵
毎年、7月になると「しゃばけ」の月だと、いそいそと発売日を調べて予約する私です。

recommend

recommend

日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫)
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
森下 典子
お茶を通して幸せが見えてくる。ちょっと、自分の人生ってなんだろうって思ったときに。

recommend

recommend

ボカロで覚える 中学理科 (MUSIC STUDY PROJECT)
ボカロで覚える 中学理科 (MUSIC STUDY PROJECT) (JUGEMレビュー »)
学研プラス
ボカロ好きな子どもなら、いいと思います。

recommend

夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS)
夏目友人帳 23 (花とゆめCOMICS) (JUGEMレビュー »)
緑川ゆき
三隅高校の氷室先輩に「テンジョウさん」と呼ばれる絵の言い伝えを聞いた夏目達。その絵に興味津々な西村・北本・田沼と共に、捜索隊を結成し…

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM